塗る温泉の成分を徹底解説!成分の効果は?安全性は大丈夫?

ビューティーコスメなびでは美容、健康、コスメ等に役立つ情報を掲載しています。
 
塗る温泉の成分を徹底解説!成分の効果は?安全性は大丈夫?
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
塗る温泉の成分を徹底解説!成分の効果は?安全性は大丈夫?
塗る温泉は「漢方堂本舗」で製造されている顔や肌へのスキンケアクリームです。

クチコミで人気の「塗る温泉」の成分について徹底分析してみました。

塗る温泉の成分の素である温泉は?

塗る温泉の公式サイトはこちら

出雲湯村温泉水(薬湯)の成分




出雲湯村温泉水は「ヤマタノオロチ神話」が伝わる雲南市の斐伊川から湧き出る温泉です。

西暦733年に編纂された出雲國風土器には既に湯治場である記録が残っている古い歴史のある温泉です。



現在でも共同浴場、旅館、国民宿舎などでこの温泉に入浴することができます。

温泉の泉質としては無色透明でアルカリ単純泉に分類されます。(※温泉温度:43~45度)

関節、筋肉、リュウマチ、神経痛、運動傷害、外傷の療法に適した温泉です。

 ミネラル成分
鉄 カリウム アンモニウム カルシウム マグネシウム アルミニウム ナトリウム イオウ

塗る温泉で「温泉成分以外」の成分

成分の効果を高める聖徳石


温泉成分の効果を高めるために「聖徳石」の成分を使っています。

聖徳石は日本古来より御神水と崇められた希少な石薬です。

聖徳石の成分は正確には「聖徳石浸出液」といい、聖徳石浸出液はフジケミカル株式会社や株式会社ヘルスガイドが特許を取得しています。

聖徳石浸出液は聖徳石からミネラルイオン(金属イオン)が効率よく抽出されており、このイオンによって新陳代謝を活発化させたり、血液の流れを改善したりします。

また、イオンが肌からどんどん浸透することで肌から直接的に効率よく成分を吸収することができます。

この聖徳石で作った美容クリームは万能的な効果を発揮し、モデルやメイクアップアーティストなどが使用している化粧品にも使われています。

「保湿、キメの整え、シワ改善、美白作用、ニキビ対策」と幅広い効果があります。

天然石の成分であり敏感肌の方でも使える成分なので、化粧品としては安全性の高い成分に分類できます。

聖徳石を使った他社商品の例
 イオナ スパ&ミネラル エッセンス ジェル
 パナシオンクリーム

漢方由来の成分


塗る温泉では以下の漢方由来の成分も配合しています。

 エイジツ
 シコン
 イチョウ
 ウイキョウ
 ヨモギ
 アロエ
 霊芝
 シャクヤク
 甘草
 高麗人参
 クララ
 クワ
 トウキ

漢方由来ですが、原料も製造もすべて日本の工場で生産されています。

こちらも、成分の安全性の面においてとくに大きな問題は無さそうです。

「塗る温泉」その他の成分 成分の安全性は?


塗る温泉の上記以外の成分は以下の通りです。

グリチルリチン酸ジカリウム、カルボキシビニルポリマー、濃グリセリン、ステアリン酸、モノステアリン酸プロピレングリコール、ベヘニルアルコール、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)、モノステアリン酸ソルビタン、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、サラシミツロウ、ヒマシ油、水酸化カリウム、フェノキシエタノール、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル、プチレングリコール、常水

 グリチルリチン酸ジカリウム  多分OK 
市販のニキビケア系の化粧品に含まれている成分です。大量に摂取する場合は副作用の可能性がありますが、化粧品の場合は安全性に問題ありません。

 カルボキシビニルポリマー  要チェック成分 
カルボマーとも呼ばれています。人工的に作られた高分子化合物の一種ですが、比較的安全性が高い成分と言われています。長期間の使用については賛否両論があります。

 ベヘニルアルコール  多分OK 
ナタネ油の還元アルコールから得られる成分です。化粧品の場合は乳化安定剤として使用されていますが、安全性の高い成分です。

 モノステアリン酸ソルビタン  多分OK 
塗る温泉は薬用ですので、「医薬部外品表示名称」としての表記である「モノステアリン酸ソルビタン」と表記していますが、通常の化粧品では「ステアリン酸ソルビタン」と表記されるものです。

使用実績も古いことから皮膚刺激や毒性はほとんど無く、安全性の高い成分とされています。

 パラオキシ安息香酸プロピル パラオキシ安息香酸メチル  要チェック成分 
両方ともに別名「プロピルパラベン」「メチルパラベン」と呼ばれています。

慢性皮膚炎の方や皮膚バリア機能が壊れている方はごく稀に副作用が出る場合があります。また、長期間使用すると良くないという意見もあります。

ただし、基礎化粧品は薬機法(医薬品医療機器等法:旧薬事法)によって未開封の状態で3年間安全に保存ができる基準が定められています。

そのため、この3年間の品質保証をクリアするために、ほとんどの化粧品でパラオキシ安息香酸エステル(パラベン)を使用しています。賛否両論の成分ですが、皮膚に塗るので摂取するよりも安全性は高いといえます。




この記事の内容が良かったと思われた方はシェアを宜しくお願い致します!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 美容クリーム カテゴリ記事

リンクルノーヴァスとは? リンクルノーヴァスとは目尻、口もと、ほうれい線などで悩む方に向けたシワ対策の美容クリームです。 とくに、40代以降の方でシワに悩む方にとって役立…
塗る温泉は「漢方堂本舗」で製造されている顔や肌へのスキンケアクリームです。 クチコミで人気の「塗る温泉」の成分について徹底分析してみました。 塗る温泉の成分の素である温泉…
神聖クレンジングジェルAile(エール)とは? 神聖クレンジングジェルAile(エール)は無添加に徹しているクレンジングジェルです。 メイク落としをすっきりさせたい方やスキンケ…
この記事では大人ニキビや肌荒れの方のための製品、ラ・ミューテの「肌きれいスターターセット」のクチコミ評価や成分等について書いています。 ※肌きれいスターターキットはラ・ミューテ「…
この記事ではラフィス「ADリッチクリーム」のクチコミ評価や成分について書いています。 ADリッチクリームは肌がかゆくて掻きたい方に向けた商品
[img20]ad_rich_cream_s…
この記事では手汗対策のクリーム「テサラン」について書いています。 また、夏用にひんやりしたテサランクールも新発売しており、こちらの商品はテサランにひんやり成分を追加したものです…
新着記事
新着記事
カテゴリー
Copyright (C) 2018 ビューティーコスメなび All Rights Reserved.
※当サイトの内容の無断転載を固く禁じます。